REPORT/記事ページ

  • TOP
  • >
  • 記事ページ



【政治ボードゲーム「CANVASS」実践事例のご紹介】

  • カテゴリ:

2016/09/24

img_8651

 

7月19日、CANVASS初実践の対象は大阪から修学旅行にやってきた高校生50名でした。
昼間は国会見学で政治の空間に触れて、夜はボードゲームで中身を学ぶ。
というプログラムで行われました。
授業時間は、約50分。
政治のボードゲーム、、、実際どうだったか。

結果は、予想を上回る大成功でした。

 

これが政治に触れてる高校生の顔とは信じられないくらい、
自分でもびっくりするほどの笑顔と興奮でした!

カメラを片手に持つ先生も、「旅行中の一番の笑顔を撮ることができました!」
とご満悦いただきました。笑
未知の授業案を受け入れ、終始笑顔で見守ってくれた先生方には本当に感謝です!

ちなみに授業風景はこんな感じです。
o0800060013708416600

興奮して立ち上がる生徒、大声をあげる生徒。
普段なら困るこんな行動も、ゲームに熱中している証拠だと思うので、
とっても嬉しくなりますね!

こちらに動画もあがっておりますので、ぜひご覧ください。

一方、学習面はどうだったか。
少し真面目な話をすると、目に見えた生徒の反応は大きく3つあります。

1つ目は、日常では生まれない普段思っている政治に対する発話。
「俺、これ知ってる!」というざっくりなものから、
「年金って俺らあんまりもらえないらしいよ?」みたいな具体的なものまで、
発することはないけど、確かに高校生の中にもある政治に対する知識や意見。
これをボードゲーム上なら気兼ねなくぶつけ合えるし、そのきっかけをゲームが作ってくれているようでした。

2つ目は、政治に対する新しい知識と好奇心。
政策カードやイベントカードを引くと、もたらす効果とは別に、その中身についての説明が簡単に書いてあります。
最初に、面白いことが書いてあるカードの説明を読み上げてもらったら、その後はみんな引いたカードを勝手に読むように!
実際に実行や検討されている政策、政治家の行動などについての理解が確実に深まっています。

3つ目は、戦略的思考力。
これは政治とは直接関係ありませんが、大事な教育的要素です。
勝敗のあるゲームでは、どうすれば勝てるか必ず真剣になる場面があるものです。
一番顕著に現れたのは、「もう一回やれば。。。」と言ってくれる生徒の声でした。

この学習要素は、僕が好きなドイツボードゲームの多くにに共通するもので、
下記のようなものがポイントとなっていると考えています。
===========================================================
・ルールが単純(必要な知識も識字能力や四則演算程度)
・毎回違ったシチュエーションに陥り、必勝法がない
・運と自分が選ぶ手段によって勝敗が決まる(運の引き寄せ具合も選択で決まる)
===========================================================
これによって、その場での状況判断や、知識に頼らない思考力などが試され、磨かれることになります。
ちなみにカッコつけて、このゲームを「POLITICAL TACTICS CARD GAME」とサブタイトルをつけています。笑
o0800056613708419882

少し長くなりましたが、結論としては、
エンターテイメントの面でも、学習面でも価値ある授業・ゲームを届けることができました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

NPO法人僕らの一歩が日本を変える。
副代表理事/プランナー
村山俊洋