REPORT/記事ページ

  • TOP
  • >
  • 記事ページ



【ジェンダーコースを参加して下さった皆さんへ】

2016/04/03

0404 ジェンダーコース

本日はジェンダーコースの議論のまとめを
ご紹介します !
__________________
<ジェンダーコース議論のまとめ>
ファシリテーターの加藤と書記の菅原です。
今回私たちは「ジェンダー」について話し合いました。

現代の部では、
参加者の高校生がLGBTに対してどのような
イメージを持っているのかを共有しました。

 

「人間の個性のひとつ」「遠い存在」「友達になってみたい」などあまり身近な存在ではないという共通認識を
持っているようでした。その一方で、「海外では身近な存在」と答える参加者もいました。
その後、性同一性障害である有識者の方とお話しをしました。
LGBTのことをよく知らずに勝手に想像をふくらませるのではなく、もっと知ることが大事であり、そのために「目に見えない性的マイノリティ」を可視化していくことが重要だと考えました。

過去の部では
まず有識者の方にLGBTに関するレクチャーをして頂きました。
日本や海外の現状について伺いました。海外ではLGBTに関することがかなり進んでいると思っていましたが、
それは表向きだけの話で、実際はマジョリティには当たり前のことが認められず精神を病んでしまう人が多いのが社会問題とされていること、同性愛者であることを公表すると罰せられる国があることを伺いました。
このレクチャーをふまえ、
「誰もが人として尊重され、自由な選択ができる社会」
になれば同性愛者も異性愛者も皆幸せに生活できるのでは、と考えました。

この社会に近づくために今私たち高校生ができることは何か
ということについて未来の部で考えました。

私たちは、より多くの人を巻き込むことが大切だと考えたので、楽しくてエンターテインメント要素のある
イベントを考えました。
それは、、、「制服交換イベント」です!
普段着ている制服を一日男女で交換します。そうすることで、皆に問題意識を知らせること、
体感してもらうことができます。
このような積み重ねによってセクシャルマイノリティの居場所ができることにつながると考えました。

<ご参加頂いた皆様へ>
私たちにたくさんの見方や考え方を教えてくださった杉山さん

私たちと同じ目線にたって一緒に議論をしてくださった議員のみなさま

議論する中でたくさんアイディアをだしてくれた晴夏さん

常に冷静に意見を出してくれた歩純ちゃん

積極的に議員の方や有識者の方とお話ししていた美佳さん

唯一の男の子だったけど、的確な発言をたくさんしてくれたれいくん

真剣にこの問題とむきあって発言していた賀子ちゃん

常に笑顔で議論に参加してくれた紗和ちゃん

時たま鋭い見方をしてくれたこのみちゃん

素晴らしいプレゼンしてくれた由衣ちゃん

一つ一つの言葉を大事に発言してくれた晴愛ちゃん

皆さんの話し合いに参加して私たちもたくさんのことに気が付くことができました。
このメンバー全員でひとつの問題について深く考えられたことを幸せに思います。
本当にありがとうございました!!