REPORT/記事ページ

  • TOP
  • >
  • 記事ページ



【地方創生コースに参加して下さった皆さんへ】

2016/04/09

0405 地方創生コース

本日は地方創生コースの議論をご紹介します!

〈地方創生コース議論まとめ〉
現在の部では、
地方創生とは、都会化することか、今あるものを活かすことか?について意見を出し合いました。
企業等の誘致をするという意見や、地元のオリジナル性が大切であるという意見がでました。
私たちのコースでは、「今あるものを活かす」方向に議論を進めていくことにしました。

 

過去の部ではななぜ「地方創生」が騒がれるか?を洗い出し、原因をつきとめていきました。
昔は何もしなくても人口は増えていったが
高度経済成長や敗戦によって人口流出が起きたことで地方創生が騒がれるようになったと考えました。
未来の部では
魅力的なまちづくりが必要!だと考えました。
・コンパクトシティ
・郷土愛を発信できるサイトを立ち上げる
・ホームページにかりやすい仕組みを導入
・魅力があるところに人は集まる
・手先からではない情報発信…企業から!
(SNS等)
以上5つの点が上がりました。そして「かっこいい大人」をつくる!ということを目指すことにしました。

そのためにできることは
・地域に関わることを県民が体験
・高校生がセンスを提供
・ホームページに若者らしいデザインを取り入れる
・今時の高校生…直感で判断
「かわいい」「やばい」をつくる
・「高校生」というブランドを最大限活用
・高校生が行政と結びつく
などが挙げられました。
《まとめ》

教育×情報発信=地方創生
高校生にとって最も身近である教育に、「地域の授業」を取り入れ、郷土愛を育む。
そして、情報発信によって、「郷土愛」を広めていきます!

誰もが好きだと思える、「かっこいいふるさと」をつくっていきます!

<ご参加頂いた皆様へ>
まず、何もわからない私たちに、地方創生について丁寧に教えてくださった山崎さんに感謝申し上げます。
そして、私たちの目指す「かっこいい大人」の手本となってくださった崎田市長にも、深くお礼申し上げます。
積極的に発言をしてくださった宮本さん。前のめりで議論に参加する様子が、非常に印象的でした。
たくさんの意見を出してくれた木下さん。彼女のおかげでスムーズに議論を展開できました。
カナダでの体験を活かし、「郷土愛」について考えさせてくれた伊藤さん。Civic Pride、最高でした!
ムードメーカーとなり、場を盛り上げてくれた佐々木さん。彼のおかげで、とても楽しい議論となりました。
活発な議論のきっかけとなってくれた江崎さん。和歌山での活動に、期待しています!
徳島への愛を語ってくれた桑田さん。一年生ながら、とてもしっかりとした意見を述べてくれました。
大阪からの視点で地方創生の議論に参加した神野さん。的を射た意見を多く出してくれました。
自ら声を発することを宣言された長谷川さん。積極的かつ的確な意見で、議論の流れを作ってくれました。
実体験から地方創生を語ってくれた安重さん。「何もない」を変えるべく、頑張ってください!
最後に、たくさんの面で助けていただいた小高先輩。今度は、私が先輩を助けられるよう、精進します。

頼りないファシリテーターではありましたが、みなさんのおかげで無事議論をすることができました。
全員が会うことは難しいですが、29日の続き、楽しみにしています!
本当にありがとうございました。